ダイエットの食事メニュー

楽しく続くダイエットメニューの考え方とは

楽しく続くダイエットメニューの考え方

楽しく続けることのできるダイエットメニューとはどんなメニューなのでしょうか?
基本的なダイエットメニューを押さえておけば、家庭料理でも外食でもしっかりとダイエットメニューを考えながら食べて結果を残すことができるはずですよ。

ダイエットメニューの考え方

  • 朝4:昼4:夜2の量を考えながら食べる
  • 1日を通じて栄養バランスが偏らないように考えながら食べる
  • 自分がモチベーションの上がるような食材や料理を取り入れる
  • ご飯の大盛が無料でも普通盛りで我慢する

朝昼夕食の量的バランスを覚えよう

朝昼夜

朝4:昼4:夜2の量を考えながら食べてみましょう。
食事後の活動量を考えてたくさん動く朝と昼の食事量を7~8割り程度にコントロールします。
夜の食事量やお酒の種類を工夫するだけで食事面ではダイエットの効果を引き出すことができますよ。

お仕事で忙しい方には、積極的に消化の良い携帯に便利なおやつを取り入れることをおすすめします。

おやつの力を上手に活用して、夕食の食べ過ぎを見直してみませんか?

昼食と夕食に時間が6時間以上空いてしまう場合には、夕食を遅い時間にたくさん食べてしまうドカ食いにもつながりやすいです。
戦略的に中間にヨーグルトやプロテインバーなどのおやつをきちんと食べておくことで夕食の量をコントロールしやすいですよ。

  • 昼食12時 → 夕食21時 食事間隔が9時だとお腹が空いて集中力も落ちるし、21時の夕食にたくさん食べてしまう。
  • 昼食12時 → おやつ16時 食事間隔が4時間だとお腹がおちついて少量のおやつで我慢できる
  • おやつ16時 → 夕食21時 食事間隔が5時間だと落ち着いて夕食の量を少なめにコントロールできす。

栄養バランスの考え方を広げよう

ダイエットをスタートした方が良く行うのは、とにかく1食で全ての栄養を摂ろうと考えてしまうこと。
最低でも1日で必要な栄養素を摂ることを目標にしてみましょう。

1日でバランス良く栄養を摂ることになれてきたら、1周間単位でも献立や外食、コンビニやスーパーで購入する中食のバランスを考慮してみると、本当に楽しくダイエットの為の食事管理ができてきますよ。

仕事でも食事でも、プライベートの遊びでも徐々に主体的に考えて試行錯誤しながら、自分らしく当事者意識を持っていくと本当に楽しくて継続しやすいんですよね。

ダイエットメニューを誰かに任せっきりにするのではなく、ぜひ広い視野でご自身でも考えて工夫していく癖をつけてみてくださいね。

ダイエットメニューを継続するために必要なこと

焼き肉

ダイエットメニューを継続すること、それはつまり長くダイエットを考え自分のライフスタイルに組み込んでいくことです。

ダイエットだけが人生ではありませんが、健康的な人生を過ごすためにダイエットが必要な方は多いのが現状です。焼き肉が好きなら、焼き肉を思いっきりと食べる日があっても良いんです。

ダイエットメニューを継続させるためには、自分にとってモチベーションの上がる食材や大好きなメニューを週に1度は取り入れてみましょう。
その代わりに、普段は1日の栄養バランスを考えながら、夕食の量を控えてみましょうね。

メリハリのあるダイエットメニューを組み込むことで、大好きなものをたくさん食べられたという満足感や幸せな気持ちでストレスをコントロールすることができます。

ダイエットの為の食事でもありますが、仕事でのストレスを軽減したり、人生を楽しむ為の食事でもあるということを絶対に忘れないでくださいね。

嫌いなものだけを食べるダイエットメニューは精神的にもあまりおすすめできませんし、きっと続かないのではないかと思います。

ご飯の量をコントロールする事が初心者にとって重要

ご飯の量

ダイエットメニューについて、手作り料理はあまり作らないし、料理自体にあまり興味がないから、バランスの良い食事と言われても困ってしまうという方におすすめのコツがあります。
それはご飯(麺類等)の量を減らすということです。
ダイエットを始めるあなたは、標準的な体重よりも太っているため痩せようと考えていますよね。
その場合には、いつものご飯の量を単純に少なくするだけで効果が期待できます。
完全にご飯を食べないというものでも無いですし、気軽に取り組む事ができるでしょう。

ご飯の量をコントロールできるようになったら、茶碗の大きさによらないでご飯の量を軽量していくとより効果的ですよね。

適正体重を下回るダイエットはあまりおすすめできません。
女性の方は特に痩せすぎるとホルモンバランスを崩してしまうこともあるので注意が必要ですよ。

適正体重の求め方」は適正体重=身長×身長×22です。
身長が156cmの方だと、1.56×1.56×22=約53.5kg
身長が168cmの方だと、1.68×1.68×22=約62kg
この適性体重を下回るダイエットはおすすめできません。

お菓子の量を減らす

お菓子
お菓子には糖質や脂質が多く、酸化した油分はコレストロールを増やす原因とも言われています。
ジムダイエットライフではお菓子をたべないという選択よりも、量をきちんとコントロールすることが重要と考えます。
つまり、お菓子についても考えながら食べること。

普段のダイエットメニューで食事への意識が高まっているとお菓子も体のことを考えて量を減らしたり、本当に今必要なお菓子を選んで楽しむ事ができますよ。

まとめ

基本的なダイエットメニューの考え方をお伝えしました。

  • 朝食と昼食は量を多めにして夕食を少なめにコントロールする
  • 栄養バランスは1食ではなく、1日で考えてみましょう
  • ダイエットメニューを継続するために、自分の好きな食事も取り入れてみましょう
  • 初めは、ご飯の量をいつもよりも少なくしてみるだけでも大丈夫

ダイエットメニューは難しく考える必要はありませんし、完璧を求めてもいけませんよ。
何よりも無理なくダイエットを続けるためにもあなたが楽しみながら食事ができること、考えながら食事や食材を選ぶことを継続すると徐々にダイエットメニューのレベルもアップしていきます。