ダイエットの食事メニュー

昼食のダイエットメニューは疲れを癒やしてパワーがでるものがおすすめ

昼食ダイエットメニュー

昼食のダイエットメニューはどんなものが良いのでしょうか?
昼は1日の中で特に重要な役割を果たしますので、昼食ダイエットメニューは意識して食べたいところですね。

昼食のダイエットメニューは、午前中のく彼を癒やして、午後から夜にかけてパワーの出る食事を心がけていきましょう。
昼食はご飯や麺などの糖質をしっかりとり、1日で1番のボリュームを確保しましょう。
昼にきちんと食べることで、夕食の量を少なくコントロールできますよ。

昼食のおすすめメニュー

うどんラーメン
うどんにラーメン、実は昼食ダイエットメニューは何でもありなんです。昼は外食という方も多いですよね。
私もお弁当を作って持っていく場合も多いのですが、5月頃から9月頃までは暑いのでお弁当を会社に持っていくのを止めています。

お昼のおすすめメニューは自分の大好きなものを美味しく食べることがポイントですよ。
午前中仕事や家事を頑張った自分への小さなご褒美として食事の量も多めに取りましょう。
食事の量をコントロールして、ちょっとしたデザートやフルーツを昼食後に摂るのもオススメですよ。
でも、夜のスィーツやフルーツは控えましょうね。

昼食ダイエットメニューは、栄養バランスよりも自分の大好きなメニューを美味しく食べることが大切です。
トレーナーさんのアドバイス

昼食ダイエットメニューのコツ

  1. 自分の大好きなメニューや今1番食べたいメニュー
  2. 食後に少量のデザートやフルーツを食べる
  3. タンパク質種類を変える(朝食魚だったら昼食はお肉にする)
  4. 糖質をコントロールする(ご飯の大盛りやおかわりはしない)
  5. ビタミン、ミネラルも摂るようにする(サラダの小鉢などを積極的に)
  6. 脂分はあまり気にしないで食べよう(夜は減らせば大丈夫さ)

昼食は、基本的には自由に自分の大好きなものを食べることを優先してしまいましょう。
その方が食べ物の選択肢が増えますし、昼食時間を有効に活用できます。
昼食のメニューを限定的にしてしまうと、いっつも同じ魚定食でつまらない食事になってしまうケースもあります。

結局はダイエットメニューは無理なく続かないといけないです。
同僚や上司、後輩と一緒にランチに出かける時も上記の昼食ダイエットメニューを参考にしていけば大丈夫です。

ランチの全体量(特にご飯の大盛りやおかわり)を制限して食べたいものを楽しむ時間をゆっくりと味わいましょう。
美味しく食べて、午後の仕事や家事も楽しめるようにエネルギーチャージしましょう。

まとめ

トレーナーさんのアドバイス

昼食ダイエットメニューの考え方やコツをお伝えしました。とっても簡単ですよね。食事全体量をコントロールしながらも大好きなものを食べる。これが長く昼食ダイエットメニューを続けるコツです。

昼食ダイエットメニューのコツ

  1. 自分の大好きなメニューや今1番食べたいメニュー
  2. 食後に少量のデザートやフルーツを食べる
  3. タンパク質種類を変える(朝食魚だったら昼食はお肉にする)
  4. 糖質をコントロールする(ご飯の大盛りやおかわりはしない)
  5. ビタミン、ミネラルも摂るようにする(サラダの小鉢などを積極的に)
  6. 脂分はあまり気にしないで食べよう(夜は減らせば大丈夫さ)

この記事がお昼のダイエットメニューを考えたり悩んでいる方のヒントや参考となれば本当に嬉しいです。ぜひ一緒に自分に合ったダイエットメニューを見つけていきましょうね。