ダイエットトレーニング奮闘記

今日からジムで脂肪燃焼の有酸素運動をスタートしない?

有酸素運動

この記事では、ジムでのダイエットに欠かせない有酸素運動について解説して行きますよ。有酸素運動を覚えて、あなたの余分な体脂肪をエネルギーに変えて運動していきましょう!

ただ歩くのと、運動の手順や有酸素運動の特性を理解してジムダイエットをするのでは、2ヶ月後や3ヶ月後の結果がだいぶ変わってくると思いますよ。

あなたにあった強度で、筋トレとのバランスを取りながら楽しく有酸素運動メニューをジムで行いましょうね。

脂肪燃焼出来る有酸素運動を知ろう

有酸素運動を知って納得してジムでダイエットに取り組むことが出来たら、健康的な体づくりが出来ると思いませんか?

有酸素運動とは、酸素を体内に取り入れながら体脂肪をエネルギーに変えながら運動や動作をすることだよ。ゆっくりと長く運動できるのが有酸素運動の特徴ですね。

つまり、息が上がっている状態ではきちんと酸素が体に取り込まれていないので、脂肪燃焼の効率からは離れてしまうんだ。

例えば、ダッシュや速い速度でのランニングなどは体脂肪を燃焼させる運動強度かどうか注意が必要ですね。

はちと
はちと
息が上がる状態と書いたんだけど、実はここが物凄いポイントなんだよ。

Aさんとお友達のBさんは、ランニングマシンで同時に走り出しました。

  • Aさん(40代女性)が7.0km/hでランニングしていても息が上がることはありませんでした。
  • Bさん(40代女性)は7.0km/hでランニングで息が上がってしまいました。

この場合には、Aさんの方がきちんと酸素を体に入れられている有酸素運動だから体脂肪をエネルギーに変えながら運動していると言えますね。

Bさんは残念ながら、ジムで7.0km/hでランニングを続けた場合体脂肪を落とすのには十分な有酸素運動にはなっていません。

ポンちゃん
ポンちゃん
知らなかったわ。ランニングを頑張れば頑張った分だけ痩せると思ってた。
はちと
はちと
自分自身にあった体脂肪を燃焼させられる運動レベル(運動強度)を覚えて体力に合わせてランニングの速度を調整するのがコツですよ。

ジムダイエットのポイント3つ

ダイエット食のポイント

ジムダイエットを成功させるには、3つのポイントがあるんだよ。とっても簡単だから憶えておいてね。

  1. ジムで有酸素運動する(脂肪燃焼効果)
  2. ジムで筋トレをする(筋肉量を増やしてリバウンドを防ぐ)
  3. 食べ物を減らす(栄養価の低いものを優先的に)

ジムで有酸素運動をする場合には、脂肪燃焼効果は期待できるのだけど、筋肉量を増やす効果はあまり期待できないんだ。

そこで、ジムでの筋トレも合わせて行うことが理想的なジムダイエットのトレーニングなんだよ。筋肉量が標準的にあるとスッキリと引き締まった体型になりますよ。

最後に食べ物を減らす努力を続けることで、ジムダイエットの効果をアップさせることができるよ。

食べ物を減らすことはポイントなのですが、全く食べないで運動をすることや必要な栄養素が取れないと、集中力が持続しなかったり、運動した体を修復させることができなかったりするので、注意が必要ですよ。

バランス良く食べながら、糖質の量(ご飯や麺類など)を少し減らしてタンパク質や野菜をしっかりとることをお勧めしますよ。

持病をお持ちの方や食事指導などを受けている方は、お医者さんに相談しながらジムダイエットを行うことをお勧めします。

ジムではランニングやウォーキングだけではなく、バイク(自転車)や山登りのような有酸素マシン、クライミングのマシンもありますよ。

楽しくいろんな有酸素マシンを活用してダイエットを楽しんでみませんか?もちろん、筋トレと食事にも気をつけて行きましょうね。