ダイエット記録

有酸素運動とコンディショントレーニング

ストレッチポールでコンディショントレーニング

この記事では体脂肪を燃焼する有酸素運動とコンディショニングトレーニングを行ったのでご紹介しますよ。

ジムで痩せる為には毎回筋トレをしなくてはいけないと思い込んでいませんか?筋トレは運動強度が高いので、今日筋トレをしたら明日や明後日は筋トレをしないで有酸素運動やコンディショニングトレーニングを入れてみましょう。

仕事やプライベートで疲れているのに、毎日筋トレを頑張る必要なんて全くないんですよ。週1回からでも無理なくマイペースにダイエットできるので、あせらずにジムで運動していきましょう。

仕事帰りの60分以内の組合せパターン

組合せ

ジムで筋トレと有酸素運動とコンディショントレーニングを全て行っても良いのですが、全てやろうと思うと60分以内では時間が足らない方がほとんどだと思います。1時間以上ゆっくりとジムで運動できる場合は良いのですが、仕事帰りにサクッとジムで運動したい場合には長くても60分以内で帰りたいですよね。

その場合は、2つのパターンに分けると時間短縮になりますよ。

  1. 筋トレだけの日(筋トレの前後には軽い有酸素+ストレッチを入れましょう。)30分〜60分
  2. 有酸素運動+コンディショントレーニング 30分〜60分

60分以内のジムトレなら仕事帰りでも、だらだらと非効率に運動するのではなくしっかりと集中して効果的、効率的なダイエット運動をすることができますよ。

有酸素運動をできれば20分続けましょう

有酸素運動ウォキングしている男性

有酸素トレーニングとしては、ウォーキングを20分行いました。心拍数を計測しながら心拍数が上がりすぎないように気をつけて行いましたよ。体重を減らす為に、ジムで息を切らせながら走っている方を見るとちょっと意外と知られていない事実を教えたくなります。

息が上がっている有酸素運動
はちと
はちと
有酸素運動で体脂肪をしっかりと燃やす為には、しっかりと酸素を取り込むことが大切です。つまり息が上がってしまっている運動強度では必要な酸素を体に取り込めていないんですよ。

その為、隣の方と笑って話せる程度の運動強度でできれば20分以上継続することで体脂肪を効率的に燃焼することができますよ。

難しい計算式もあるのですが、ジムのランニングマシンには、ファットバーンという簡単に設定できて、効率良く脂肪を燃焼させるメニューがありますのでぜひ使ってみてくださいね。

有酸素運動を20分行うと全身の血流が良くなって体がぽかぽかと温まってきます。軽く汗を書いているので、途中で水分補給をしながら20分運動しましたよ。

ストレッチポールでコンディショントレーニング

ストレッチポールストレッチポールでコンディショントレーニングする女性

ストレッチポールというコンディションツールを使い肩こりや腰の緊張を解してリラックスしていきます。

はちと
はちと
デスクワーク中心の方はわかると思いますが、運動不足やパソコンに向かって仕事をしていると目が疲れたり肩が凝ったり、腰が凝ったりしますよね。

ウォーキングなどの有酸素運動をすると血流が良くなるので、肩こりや腰の凝りが解消するケースもあるのですが、このストレッチポーツを使うと背中全体の筋肉がほぐれて気持がいいんですよ。

通販でもストレッチポールを購入することができますが、家でストレッチポールを行おうとするとスペースの問題でリラックスできないケースもあります

はちと
はちと
やっぱり伸び伸びと体を動かせる運動専門のジムでストレッチポールは活用することを私はお勧めします。

疲れた時は、無理をせずにコンディションを整えることで仕事や家事のパフォーマンスをアップさせることを優先してみてはいかがでしょうか。仕事や家事のパフォーマンスが上がれば、ジムで運動する時間も作ることができますよね。

あなたも今日から軽めの有酸素運動とコンディショントレーニングでパフォーマンスアップしながら無理なく体脂肪を減らす運動を続けてみませんか?